SEOライティングのコツを徹底的に挙げていく

2019年06月28日
パソコンの画面にある地球

SEOライティングとは検索エンジンで上位表示するためのライティング技術のことを言います。ユーザーにとって有益な記事を書くということも重要ですし、クローラーにいち早く巡回して貰えるような記事を書くことも求められます。SEO対策として有効な文章というのは、ユーザーが知りたい文章や、独自性がある文章、信頼できる文章、検索クエリから上位表示される文章などです。

SEOライティングを行う前に重視しないといけない考え方として、ユーザーファーストが有ります。ユーザーファーストというのは、ユーザーが求めるコンテンツを過不足なく盛り込み、ユーザーが読みたい文章を丁寧に書くということです。ユーザーのことを考えてコンテンツを提供することによって、上位表示される可能性を高めることが出来るという考え方です。自サイトに関連するコンテンツがあれば、内部リンクを張ることを試みるのも良いでしょう。

SEOライティングを行う際には、利用者が検索するであろうキーワードを意識することから始まります。キーワードを選定していくためには、一緒に検索される関連キーワードや共起語などを参考にしてみるといいでしょう。関連キーワードや共起語というのは、一緒に検索されている可能性がありますので、もっと深いニーズを探るためにこういうものを有効活用して、複合キーワードとして考えてみるのも一つの手です。

1つのページに関してはキーワードを盛り込んで完成させるようにしてください。キーワードに関してはタイトルやディスクリプション、文章などに散りばめていきます。選定したキーワードに対してきちんとしたコンテンツを書くということは、言うまでもないことですが、検索クエリと関連していないことには、上位表示されることはありません。キーワードを選ぶ時に、ユーザーがどのような検索クエリで検索するのかということを想定するということは、何よりも欠かせないことです。

最近ではSEOコンテンツとかコンテンツマーケティングなどの言葉が躍っているようですが、どちらにしてもコンテンツの質が大事だというのは当然の帰結です。コンテンツマーケティングは集客してから、企業にとって何らかの利益にかなった行動をとってくれるのが最終的なゴールで、そのためにコンテンツが何よりも欠かせないという考え方です。SEO対策はどちらかというと集客部分にフォーカスを当てた対策になりますが、それはコンテンツマーケティングの一つの手段に過ぎません。