中古ドメインを活用してSEOのW効果を狙え

2019年05月25日
パソコンの画面にあるSNSアイコン

中古ドメインを活用することにより、以前のサイト評価を引き継いだまま運用をすることが出来ます。
Googleからいい評価を受けているのであれば、上位表示を受けることに繋がりますが、悪い評価を受けているのであればペナルティを受けている状態になり、運用するに当たって危険性が高まります。
SEO目的で中古ドメインを使う場合は、以前のドメインの使用歴についてきちんと確認した上で、ドメインを選定するようにしてください。

中古ドメインはなぜSEO効果が高いのかというと、良いドメインを選定することによって、以前のドメインパワーを引き継いでいるからです。
別の側面として、ドメインエイジとは何年ドメインを利用してきたのかという使用歴に該当します。
一般的にはドメインエイジとドメインパワーは比例することが多いですので、運用歴が長いドメインエイジが高いものを選ぶべきです。
中古ドメインを調査するのに、ドメインエイジを確認することは大切なことですが、それだけに拘り過ぎないようにしてください。

中古ドメインは新規ドメインに比べるといち早くSEOの効果が出やすいです。
使用歴がそれなりにあり、被リンクを多く受けていてペナルティを受けていないのであれば、上位表示しやすい傾向があります。
上位表示するために、そのための時間と費用がそれほど掛からずに済むのが何よりも大きいです。
良質である中古ドメインでコンテンツを重視していくのが一番望ましいことになります。

中古ドメインのいいところは、何よりも被リンクがついているということです。
被リンクがついていれば何でもいいのかというとそういう訳では有りません。
自サイトと同じようなジャンルのコンテンツから被リンクがついているのであれば、関連性があるサイトから評価されているということで、Googleは自サイトに対して高評価を与えるために上位表示する可能性が高くなります。
いい被リンクであれば、高評価を受けるために寄与しますので、とても有意義な可能性が高いです。

被リンクもスパムだったり、関連性のないサイトからのものであれば、良質なリンクとは言えませんので、高評価を受けることは無くなります。
むしろペナルティを受ける危険性が高まる程です。
ペナルティを受けている中古ドメインを選ぶとなると、最初からハンデがある状態で運用することになりますので、SEO効果が高まらない可能性が出てきます。