コンテンツSEOとコンテンツマーケティングの違いはコレだ!

2019年05月10日
パソコンを使用している女性

自分のWebサイトを利用してビジネスを行っていきたいのであれば、コンテンツSEOとコンテンツマーケティングの違いについてよく理解しておいたほうがいいです。コンテンツマーケティングというのは、コンテンツを重視した上で、見込み客をファン化して利益を生むようにするという方策のことです。これは、コンテンツSEOとは違うということです。

確かにコンテンツを重視するということ自体は同じようなことですが、コンテンツSEOはコンテンツを重視して検索エンジンを最適化した上で、サイトへの流入を図るということに主眼が置かれています。検索エンジンを利用してサイトへの流入を図る上で、どのようにしてキーワードを設定して、最初のきっかけをつかむのかというのがポイントになります。見込み客が検索エンジンを使って流入してくれるきっかけとして利用するのは大きなものになるでしょう。

しかし、コンテンツマーケティングの場合は、ただ見込み客にサイトを訪れるだけでなく、何らかの目的を持って利益が得られるようにしないといけません。サイトに訪れるだけでなく、資料請求をしたり、ECサイトで購入したりするなどの目的を達成する必要があります。何らかの目的を達成するために段階的にアプローチをしていかないといけないということです。

コンテンツSEOによって検索エンジンから集客を狙うというのは、まず第一段階に該当します。何らかの検索によって訪れるということは、何かしらの目的があって訪れているということになりますから、段階的にその行動を起こさせるようにしないといけないです。Webサイトだけでは掲載できない情報を、会員登録することによって資料請求させるというのも一つの手です。何らかのものを購入させたいのであれば、体験版もしくは無料版を試してもらうのもいいことではないでしょうか。こういう試行を通して、最終的に購入してもらうようにするべきです。

コンテンツSEOとコンテンツマーケティングは、コンテンツの使い方が違い、目的が別々と言ってもいいです。前者の場合はあくまで集客を狙って構築するための仕組みで、後者は会社の利益につながるように構築するための仕組みになります。全く目的が別々になりますから、勘違いをしないようにするべきです。目的が別だからこそ、コンテンツの使い方をどうするのかということを検討して行かなければいけません。今までコンテンツマーケティングについてうまく行かなかったのであれば、コンテンツSEOとの違いについて目を向けてください。