【コンテンツSEO】海外向けコンテンツ作成の秘訣を知ろう!

2019年07月15日

外国人向けに検索エンジンを通して、自社のWebサイトに流入してもらうことが重要になってきます。コンテンツSEOということが叫ばれていますので、外国人向けのニーズを満たすということがポイントです。外国語のコンテンツを用意する時には、最初に日本語のコンテンツを用意してから翻訳する形で準備する方法と、最初から多言語対応にする方法の2パターンがあります。

日本語のコンテンツを準備してから英語などに翻訳する方法の場合は、何よりも自然な翻訳が求められます。不自然な翻訳になると文法がおかしくなったり、文法は良くても不自然な翻訳になったりしますので、十分に気を付けた方がいいです。外国人にとって全然文章を理解できない文章になるとコンテンツSEOにとっても不自然なことになります。海外の人でも自然に理解できるような文章をしないといけないです。

ゼロから英語などのコンテンツにするのであれば、どのようなキーワードで上位表示がされるのかということについて事前調査をする必要があります。海外対応をするのであれば、どの地域でどのようなニーズがあるのかということについて事前調査をするべきです。ツールなどを使うことによって、どの地域でどういうキーワードで流入できそうなのかということを探ることが出来ます。

ある程度キーワードを考えたのであれば、続いて競合調査を行います。ポイントになるのが検索順位の上位に表示されるのかということです。競合調査を行って、自分たちが勝てるのかどうかという観点でチェックをしていく必要があります。競合調査を行う時には、ターゲットにしている地域ごとにどうなのかという確認を怠らないようにしてください。各地域での順位を取得した上で、競合調査を行った上で、どういうコンテンツを作らないといけないのかということを理解します。

キーワードを設定して競合調査が完了したのであれば、実際にコンテンツを作成して行きます。コンテンツSEOにおいて大切なことは、ユーザーにとってこのページを訪れて良かったという風に思わせることです。どういうニーズを満たせばいいのかということを考えた上で、それに合ったコンテンツを作成して行ってください。いいコンテンツになると、参照したいということで被リンクがつくこともあります。

被リンク調査も同時にしていきたいことです。いい被リンクであれば何ら問題ないことですが、悪い被リンクもありますので、そういうものが無いかどうか被リンク調査を行います。スパムなどの悪いものになると、検索順位が下がる恐れがありますので、逐一そういう調査を行わないといけません。